パルプ・フィクション あらすじと評価

あらすじ

銀行強盗を計画中のパンプキンとハニー・バニー、マフィアのボスにあれこれ用事を言いつけられる手下のヴィンセントとジュールス、マフィアに八百長を指示される落ち目のボクサーブッチとガールフレンドのファビアン、そして、マフィアのボスであるマーセルスとその妻ミア。

このメンバーを中心に、それぞれのストーリーが入り乱れて展開していきます。時に血が流れ、誰かが死にかけ、唐突な出会いがありました。様々な出来事を通して、敬虔なキリスト教徒であるジュールスは自分の人生を見つめ直します。

一瞬たりとも目が離せない!何度見ても面白い、タランティーノ監督の超人気作

この映画のタイトルがなぜ、パルプ・フィクション(ペラペラの質の悪い紙でできた低俗なマンガ雑誌)なのでしょうか?それは、内容がまさにパルプ・フィクションだから!

『パルプ・フィクション』は1994年のアカデミー賞で7部門にノミネートされ、脚本賞を受賞。同年、カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞しました。世界中にファンを持つ伝説的な映画でもあります。また、『サタデーナイト・フィーバー』の大ヒット以来パッとしなかったジョン・トラボルタを復活させた映画としても有名です。

込み入ったストーリーは、3つの物語を時間軸ごとバラバラにして、切り貼りして見事なレイアウトで並び替えたためです。だから内容を追うのは至難の技で、また、そこを読み取っていく楽しさもあります。それぞれの物語の中からインパクトのある部分だけをピックアップしているわけですから、退屈な場面や冗長な説明部分は1秒もありません。そして、背景に流れる音楽のセンスは最高、役者さんも芸達者揃いとくれば、面白くならないわけがありません。サミュエル・L・ジャクソンが最後にきれいにまとめたところも、きちんとオチがついていい感じでした。ブルース・ウィリスだけがやたら浮いているのは、意図的なものだと思います。

映画の面白さって何だろうと考えたとき、その究極の答えは「2時間夢中になれること」ではないでしょうか。

それが感動であれ、恐怖であれ、スリルでも超かっこいい俳優さんでも内容は何でも構わないわけです。余韻が残ろうが、大きな教訓を得ようがそれは後付けの話であって、映画を見ている間どれだけ観客の目を惹きつけられるかが全て。あらゆる手段を使ってそこに全力を注ぐのが、クエンティン・タランティーノ監督の映画作りだと思います。だから、内容はパルプ・フィクションで十分なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る