羊たちの沈黙 The Silence of the Lambs あらすじと評価

あらすじ

若い女性ばかりが狙われる連続殺人事件が発生。犯人はバッファロー・ビルと呼ばれる殺人鬼で、女性を監禁、殺して皮膚を剥いでいました。

手がかりをつかむため、FBIは殺人犯で精神科医のハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンズ)に協力を求めますが、全く相手にされません。

そこで、FBIの実習生であるクラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)が抜擢され、レクター博士と接触して情報を引き出すという任務を任されます。

残虐な性格と天才的な知能を持つレクター博士とのコミュニケーションは、非常に危険なことでもありました。クラリスは苦しみながらも必死に立ち向かい、犯人を捜すヒントを手にします。そして見事に事件を解決するのですが…。

アカデミー賞5部門に輝く傑作サスペンス。アンソニー・ホプキンズが怖すぎる!

1991年公開、トマス・ハリスのベストセラー小説『羊たちの沈黙』を映画化し、作品賞、監督賞、主演女優賞、主演男優賞などアカデミー賞主要5部門を受賞しました。

小説ではクラリスとFBI捜査官クロフォードのエピソードに重点が置かれていますが、映画ではレクター博士が異様な存在感を放っています。

ハンニバル・カニバル(人食いハンニバル)と呼ばれた殺人鬼、知性と狂気を併せ持つ不気味な人物をアンソニー・ホプキンズがあまりにも見事に演じたからです。

それまでのアンソニー・ホプキンズは気品があり優雅で知的な紳士というイメージだったのですが、この映画を見て以来、普通の人の役なのに本当は怖い人なのではないかと思うようになってしまいました。

物語は、バッファロー・ビルによる誘拐・殺人事件、クラリスとレクターの対決という二つの大きな流れにそって進んでいきます。

まずは、バッファロー・ビルがとにかく不気味。女の子の皮膚を剥いで、それをたくさん集めて洋服を作ろうとしているのです。誘拐されて監禁された女の子の恐怖は、想像を絶するものがあります。

しかし、レクター博士はさらに恐い!彼は、言葉だけで人を自殺に追い込むことができるのです。鉄格子を挟んで向かい合って話をしているだけで、顔と全身を覆う拘束衣を着せられているときでさえ、何かされるのではないかと思わずにいられません。そしてレクター博士が見事目的を果たした場面は、ほんの一瞬映った映像に血の気がサーッと引きました。

そのレクター博士に立ち向かい、一歩も後に引かないクラリス。自分の弱さをさらけ出し、自分の弱さにも立ち向かう、どこか危なげで、それでいてたくましいヒロインを演じたジョディ・フォスターがとても魅力的でした。

レクター教授が登場するトマス・ハリスの原作は他に『レッドドラゴン』、『ハンニバル』、『ハンニバル・ライジング』の3作品があり、いずれも映画化されています。アンソニー・ホプキンズは『ハンニバル』でもレクター博士を演じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る