最強のふたり Intouchables(触れ合えない人々) あらすじと評価

52

あらすじ

フィリップはパリ在住の資産家で、首から下は動かすことのできない重度の障碍者です。気難しいのでなかなか気に入る介護人が見つかりません。

そこへ、ドリスが面接を受けにやってきます。職を転々としていたドリスは、失業保険をもらうためにとりあえず面接を受けに来ただけだったのですが、フィリップに気に入られ採用されてしまいます。

障碍者のフィリップをまるで人形のように扱ったり、お金持ちだからと媚びへつらう他の介護人と違って、ドリスはいつでも対等の人間としてフィリップに接しました。それは、フィリップにとっては何よりも幸せなことでした。

いつしかふたりは深い信頼関係で結ばれます。フィリップはドリスのおかげで生きる希望を手にし、やがてドリスも自分の人生を歩き始めるのでした。

人生を輝かせる、最高の出会い!

2011年公開、『最強のふたり』は実話を映画化してフランスで大ヒットしました。舞台がパリということで全体の雰囲気がとてもおしゃれ、そしてコメディとしてもなかなか面白い作品です。

フィリップとドリスのバックグラウンドは、まさに対局にあります。パリ在住の資産家と貧しい移民、白人と黒人、インテリとチンピラ、障碍者と健常者。おそらく、人生の中で全く触れ合うことのない環境にありました。そのふたりが出会い、お互いにとって最高のパートナーとなったのです。

それまでのドリスは、仕事はどれも長続きせず、母親からは厄介者扱いされる始末。最初にフィリップの屋敷を訪れたときには、飾り物を盗んで帰りました。

ドリスは悪い人間ではありませんが、育った環境が彼に大きな影響を与えていました。フィリップと出会ったことでドリスはこれまでとは違った環境に触れ、たくさんのことを学びます。

今までだったら気にも留めなかった路上駐車がどれほど誰かに迷惑をかけているかということに気づき、フィリップのために尽くすことで、一生懸命働く喜びを知るのです。

一方フィリップは、不幸な事故でたくさんのものを失い、人生をあきらめかけていました。けれど、ドライブしたり、ともだちと飲みに行ったり、誰かを好きになったりする、当たり前の日常、人生をフィリップは取り戻します。ドリスとくだらない話をして大笑いするフィリップの楽しそうなこと!

『最強のふたり』は、偶然の出会いが人生を変えた奇跡の物語です。この映画がどうしてこれほど人を惹きつけるのか、見終わったあとにどうしてこんなに幸せな気持ちになれるのか、その理由はここにあります。人生において、人との出会いがどれほど素晴らしいものかということを、教えてくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る