トランスフォーマー あらすじと評価

  • 2015-6-6
transformer

あらすじ

はるか昔、惑星サイバトロンに住む金属生命体トランスフォーマーたちの間で、正義と悪の戦いが起こりました。やがて惑星は滅び、残った者たちは命の源となる物質を探して地球にやってきます。

そして現代、ロサンゼルスに、ちょっと冴えない高校生サム・ウィトウィッキーが住んでいました。お金を貯めてやっと買った中古の黄色いカマロが、ある日突然ロボットに変身。その車の正体は、オプティマス・プライムを中心とする正義のトランスフォーマー「オートボット」たちの1人、バンブルビーだったのです。

一方、悪のトランスフォーマー「ディセプティコン」たちは、冷凍保存されていたリーダーのメガトロンを復活させ、悪の勢力を取り戻そうとしていました。「オートボット」たちはサムや大勢の人間と力を合わせ、地球を守るために戦います。

宇宙からやってきたトランスフォーマーたちの壮絶な戦いが幕を開ける

日本から世界に広がった変形するロボットのおもちゃトランスフォーマーは、アニメやコミックでも大人気となり、2007年、ついに映画実写版が公開されました。マイケル・ベイ監督、スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮という豪華な第1弾『トランスフォーマー』は、いきなり全世界歴代映画興行収入TOP100に入る大ヒットとなりました。2011年公開の第3弾『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は、なんと歴代7位を記録しています。

ちょっと情けない主人公のサムや美人で男前な恋人のミカエラ、能天気なサムの両親、セクター7という謎の組織の嫌みったらしい捜査官シモンズ、男気あふれる陸軍のレノックスなど、個性的な登場人物が揃います。これだけでも十分面白いドラマになりそうなのですが、主役はトランスフォーマーと彼らの迫力のバトルです。

車からロボットへトランスフォームする映像は何度見ても飽きないし、ビルの壁を駆け上り、宙を舞い、ロボット同士が激突するシーンは迫力満点。街中の普通の電子機器が突然ロボットに変身したり、走っていた車がいきなりトランスフォームして襲い掛かってくる場面は、近い未来にもしかしたら現実になるのではないかと恐ろしくもありました。この映画は全体に映像がとてもきれいで、ものすごく濃い青空をバックにした戦闘シーンはとても美しくて印象的でした。

トランスフォーマーと人間の触れ合いも見どころの一つで、サムとバンブルビーとの友情にホロリとさせられます。見どころ満載の『トランスフォーマー』は、4作目となる『トランスフォーマー/ロストエイジ』が2014年に公開されており、5作目が2017年公開される予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る