ファイト・クラブ Fight Club あらすじと評価

あらすじ

主人公は、自動車会社でリコールの調査をする会社員。何不自由ない暮らしを送る彼は、不眠症という悩みを抱えていました。

ある日、留守中に自宅が爆破されて住むところを失くしてしまい、飛行機で出会ったばかりのタイラーに助けを求めます。何気なくタイラーと殴り合いを始めた主人公は、思いがけない充足感を得ました。そして2人は、ファイト・クラブを結成。そこには、殴り合いを求めてたくさんの男たちが集まってきました。

やがてファイト・クラブは得体の知れない組織へと変化していきますが、タイラーが一体何をしようとしているのかわかりません。主人公は彼の企みを知るために周辺を探り、ついにタイラーの正体見つけ出します。それはまさに、衝撃の事実でした。

エドワード・ノートンとブラッド・ピットが描く狂気の世界

『セブン』、『ドラゴン・タトゥーの女』他、多くのアーティストのMVを手掛けたことで知られるデヴィッド・フィンチャー監督作品『ファイト・クラブ』は、1999年に公開され世界中で大ヒットしました。

なんともストレートなタイトルと、「ルールその1、ファイト・クラブのことを決して口にするな」という過激なセリフに、最初は、アクションやバイオレンスを描いた映画なのかと勘違いしていました。

エドワード・ノートン、ブラッド・ピット、ヘレナ・ボナム=カーターという強烈な3人が演じるこの作品は、もちろんただのバイオレンス映画ではありません。映画の中で男たちは何度も殴り合って血だらけになりますが、相手を倒すことは目的ではないのです。そんな行為を、彼らはむしろあり得ないと思っています。では、なぜ殴り合うのか?

映画や小説でよくあるテーマとして、自分探し、自分の存在意義を確かめるといったものがあります。実は『ファイト・クラブ』のメインテーマもそこにあります。でも、もちろんそれだけでは終わりません。

満たされない日々を送る主人公は、何かを探し求め、その先にある真実に出会います。それは一体何だったのか?そして、主人公は最後にどこに辿り着くのでしょうか。

エドワード・ノートンは、『アメリカン・ヒストリーX』、『レッド・ドラゴン』などでも狂気の登場人物を見事に演じて高い評価を得ました。圧倒的な演技力と不気味な存在感で、怪優とも呼ばれています。

さて、今年になってすごいニュースが飛び込んできました。原作者のチャック・パラニュークが『ファイト・クラブ』の続編を執筆中!その後の彼らが描かれているそうです。当然ながら、あの3人が出演する『ファイト・クラブ2』が期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る