ミスト あらすじと評価

あらすじ

アメリカの田舎街を激しい嵐が襲います。その後、街に濃い霧が漂い始めました。非常時に備えて、主人公のデヴィッドは息子と一緒にスーパーマーケットに買い出しに出かけます。

だんだん霧が濃くなり、スーパーに着く頃には辺りは何も見えなくなっていました。

やがて人々は、「霧の中に何かがいる」ことに気付きます。霧の中から伸びてくる触手に引きずられ、蜘蛛のような謎の生物に襲われ、一人、また一人と命を落としてゆきます。そしてパニックが起き、新たな恐怖が訪れます。

人々が狂気に陥ってゆく中で、デヴィッドは息子と何人かの仲間とともにスーパーからの脱出を試みます。その頃、霧の中からは巨大な生物が姿を現し始めていました。

人間の愚かさを描いた、胸が悪くなるような結末の映画ナンバーワン

2007年公開のアメリカ映画です。スティーブン・キング原作の映画は数えきれないほどありますが、後味の悪さで『ミスト』はダントツ!実はこれは、原作のラストとは異なる、映画オリジナルのラストなのだそうです。S・キングも賞賛した衝撃の結末。あんまり書くと感動が薄れてしまうのでこの辺りでやめておきますが、ぜひ一度見てみてください。

脚本も手がけたフランク・ダラボン監督は、『ショーシャンクの空に 』、『グリーンマイル』の監督でもあります。いずれもS・キング原作で、大ヒットしました。S・キングはホラー小説家として超有名ですが、ホラーでない小説も書いています。ダラボン監督の2作品がまさにそれで、どちらも人の生き様を描いたヒューマンドラマになっています。

S・キングはキャラクターの描き方がうまく、特に悪役、悪い人間をとても上手に表現します。悪いことをする人間は心が弱いわけで、心が弱いから、自分が楽したり得することばかりを求め、ずるいことや卑怯な方に容易に傾いていきます。その場その場で自分に都合の良い解釈をし、自分の立場を危うくするような存在を攻撃する。そのような悪の人物が、主人公や善である存在を苦しめ、傷つけます。勧善懲悪をテーマとした映画であれば、悪の人物がひどい目に合ってハッピーエンドとなるのがお約束ですが、本物の人生の中では必ずしもハッピーエンドにはなりません。むしろ、悪がのさばり、得をすることのほうが多いかもしれません。

そんな人生のままならなさを描いているのが、『ミスト』です。

狂気が是となり、正しいはずのものが少数派となり追い詰められてゆく恐怖。善をつらぬいたものが、必ずしも報われないという絶望感。

世の中で一番恐ろしいものは、人間。という、まさにそんな感じです。S・キングの小説は本当に面白い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る